2022年5月5日物語の書き方,物語の設定

Thumbnail of post image 057
 物語のキャラクターを創造する際に、とても役立つアイデアを見つけましたのでシェアします。それはキャラクターの価値観ランキングです。  価値観ランキングを創ることで、あなたはキャラクターを今よりもリアルに動かすことができますよ。ぜひご覧くださ ...

小説感想

Thumbnail of post image 021
【第166回直木賞候補作】史上初、選考委員全員が5点満点をつけた、第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。急襲したドイツ軍によって、母親のエカ ...

物語の設定

Thumbnail of post image 144
 「アンデッドモンスター」は、ファンタジー小説に「独特の世界観」を設定する際に大変重宝します。「不気味さの演出」や、「グロテスクな世界観」を表現したい場合に、これほど便利なキャラクターは他に存在しません。  そこで本記事では、「アンデッドモ ...

創作ネタ,物語の設定

Thumbnail of post image 010
 「悪い妖精」は、ファンタジー小説において欠かせない要素の1つです。特に「正義と悪」が分かれる作品づくりにおいては、「悪い妖精」というイメージが、読者に根付いているキャラクターが存在することは、非常にありがたいと言えます。  ただし、それだ ...

物語の設定

Thumbnail of post image 069
 聖職者は、神や宗教が登場するファンタジー小説では、特に重要な役割を果たします。世界観の設定に使いたい聖職者を明確にすることで、どの宗教について調べればいいか自然と絞られてくるので、ストーリーを考える上でもかなり楽になると思いますよ!  本 ...

物語の設定

Thumbnail of post image 079
 「神官や僧侶の役目」は、ファンタジー小説の世界観設定において、重要な要素になります。例えば、中世の村の神官が「医者としての側面を持っていた」と知っておくだけでも、ファンタジー世界に登場する医師や、神官と村人の関係性はまるで異なってくるから ...

2022年4月14日物語の設定

Thumbnail of post image 053
 神や悪魔がテーマになることの多いファンタジー小説において、天使の存在は欠かすことのできない重要な要素の一つです。天使の階級などを上手く取り入れることで、人間社会の複雑さと、神々の世界の複雑さを、対比に使うことも可能になります。  本記事で ...

創作ネタ

Thumbnail of post image 169
 小説を書いてると、どうしても人からウケたくて、時には「珍しいことしてみようか」なんて気もおきますよね。でもその発想、遠回りかもしれません。今回の話は、小説に限らず全ての芸術に通じる話です。今の自分に納得がいかず、迷いのただ中にいる作家の皆 ...