小説で使える『喜び』の言葉30選|意味・例文付きでご紹介します!

2021年11月4日




 小説家にとって、あればある程有利なもの。それは「言葉の知識」です。ここでは「喜び」の感情を表す言葉30選を一挙にご紹介します!擬態語などの簡単なものから、少々難しい表現まで、全て意味・例文付きで説明しています。ぜひ執筆活動に生かしましょう!

1るんるん

 ・気分が明るく、はずむような様子

  (例)靴を買い、彼女はるんるんで帰宅した。

2ほくほく

 ・うれしさを隠しきれない様子

 (例)大金が手に入って、彼は今ほくほくだ。

3わくわく

 ・うれしさや楽しさなどで心が弾み、落ち着かない状態

 (例)小百合は、胸をわくわくとさせて小包を解いた。

4メロメロ

 ・何かのとりこになり、他には目をくれない状態

  特に恋愛では、骨抜きにされていること

 (例)彼は、アンナさんにメロメロだ。

うきうき

 ・楽しさで心がはずむ様子

 (例)妻は友達と飲みに行く!と昨晩からうきうきだ。

6うはうは

 ・非常に満足して笑みがこぼれる。笑いが止まらない状態

 (例)アイツ、彼女ができてうはうはだってよ

7いそいそ 

 ・嬉しくて、動作が調子づいている様 

 (例)太郎はいそいそ帰り支度をしていた。

8うずうず

 ・やる気にあふれ、落ち着かない様子

 (例)彼と一緒に出掛けると思うだけでうずうずしてしまう。

9喜びに打ち震える

 ・全身で喜びを感じている様

 (例)長年の夢が叶い、父は喜びに打ち震えていた。

10声を弾ませる

 ・嬉しそうに話す様子

 (例)「パパが帰ってきた!」と息子は声を弾ませた。

11喜々として(ききとして)

 ・多いに喜ぶ様子

 (例)彼女は第一志望校に受かり、喜々として入学式に臨んだ。

12声に明るさがにじむ 

 ・喜びの気持ちが声にうっすらと表現されている様子

 (例)「別に」と相変わらずだったが、確かに彼の声には明るさがにじんでいた。

13気もそぞろ

 ・嬉しい何かに気が向いていて落ち着かない様子

 (例)あの人が来てくれると思うだけで、気もそぞろで何も手につかない。

14夢なら醒めないで 

 ・これは夢ではないかと疑いたくなるくらい嬉しい様子

 (例)私は幸せ過ぎて「どうか夢なら醒めないで」と何度も心の中でつぶやいた。

15御(おん)の字

 ・大いにありがたい、嬉しいの意

 (例)あなたが担当してくれるなら御の字だわ。

16目尻を下げる

 ・満足して笑みを浮かべる様

 (例)娘の晴れ姿を見て、彼は目尻を下げた。

17ほくそ笑む

 ・人には見せられないけど、心は凄く嬉しい時の笑い

  (例)彼が甘い罠にまんまと引っかかったので、思わずほくそ笑んだ。

18有頂天になる

 ・うまくいった喜びで夢中になっている様

  (例)彼はブレイクして、今有頂天になっている。 

19小躍りする 

 ・踊らんばかりに喜ぶこと

  (例)憧れの彼に声をかけられ、心の中で小躍りした。

20高揚感に包まれる

 ・高ぶった気持ちで満たされること

  (例)初舞台を務め上げ、私は得も言われぬ高揚感に包まれた。

21悦(えつ)に入る

 ・満足して喜ぶ様子

  (例)彼女はニヤニヤと一人悦に入っていて気味が悪い。 

22陶酔する

 ・気持ちよく酔うこと

  (例)いつ見ても彼の名演技に陶酔してしまう。

23上機嫌 

 ・大変機嫌のよい様子

  (例)父はお気に入りの日本酒を手に入れて上機嫌だ。

24狂喜乱舞(きょうきらんぶ)する

 ・思わず踊ってしまうほど大いに喜ぶこと

  (例)欲しがっていたゲームを買っていったら、子どもたちは狂喜乱舞した。

25冥利(みょうり)に尽きる

  ・ある立場にいる者として、これ以上の幸福はないという意

  (例)あなたにそこまで喜んでもらえるなんて、作り手冥利に尽きます。

26飽満(ほうまん)

  ・十分に満ち足りていること

  (例)私の夢は、料理で彼を飽満させることだ。

27万感(ばんかん)の思い

  ・一瞬で良くも悪くも様々な思いが心に広がるさま

  (例)ずっと夢だった金メダルを手にし、万感の思いです。

28本望(ほんもう)

  ・願いを達成して満足であること

  (例)彼女に笑ってもらえれば本望です。 

29欣然(きんぜん)

  ・喜んで物事をするさま

  (例)彼の欣然と努力する姿は大変好感がもてる。

30歓天喜地(かんてんきち)

  ・大喜びすること

   (例)彼の小説が芥川賞に選ばれ、観天喜地のあまりガッツポーズをした。

Contents

まとめ

 いかがでしたか?知らない言葉との出会い、新たな発見はありましたか?知らない言葉を知り、どんどん積極的に使うことで作品の幅は大きく広がります。難しい言葉を使うとかっこいい!と思いがちですが、そればかりではありません。小説の内容、雰囲気、キャラクターの特徴などに合わせて簡単な言葉も難しい言葉も上手く使い分けることで「独特の風合い」が生まれます。あなたがここにある言葉をどんどん使ってくれること、それが筆者の『本望』です!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
このホームページは創作者支援サイトです。
創作者の方向けの記事を発信しています。


下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ腰ボロSEのライトノベル奮闘記 - にほんブログ村
ライトノベルランキング