物語の書き方

 小説の「伏線」は、あえて見せないことで読者の「推測」を促して、物語に面白みや楽しみを与える効果があります。ではそのような伏線を張ったはいいけれど、どうやってその展開や終わりを迎えればより面白いものになるのでしょうか?この記事では「伏線の回 ...

物語の書き方

 推理小説などでうまく使われている「伏線」。「伏線」がうまく使われて、さらにきれいに回収されている話は、「面白い上にもう一回読み返したくなる」などとよく言われますよね。一方「布石」という言葉があります。  「伏線と布石」どちらも「未来のため ...

文章の書き方

 小説を書いていると、セリフを考えるのは一番楽しいところではないでしょうか。でも一つ気をつけたいのが、何人もが一堂に会して話すシーン。誰が誰にしゃべっているのかをはっきりさせないといけないので、それなりの技が必要です。「これ誰のセリフ?」と ...

文章の書き方

 小説に欠かせない「描写」。「描写」とは、情景描写・心理描写・人物描写など、目に見えるもの・見えないものを「説明」するのではなく読者に「悟らせるもの」です。描写は大変難しく、ややもすると「説明」になってしまう!そんな「描写」に行き詰った時の ...

文章の書き方

 辛い、痛い、苦しい、面白い、嬉しい、楽しい。キャラクターのこういった心情(ハート)を読者の手の平にそっと乗せるような描写、それが「心理描写」です。  目に見えないものを読者に感じさせる技術ですから、見えるものを表現する「情景描写」に比べて ...

文章の書き方,物語の書き方

 あなたは今小説を書き終えたとします。さぁ、それから何をしますか?すぐに読み返す?それともコーヒーを淹れに行く?もう原稿はお腹いっぱい!とばかりに外に出る?執筆後何をするかはもちろん自由です。しかしどんな小説家もすべきこと、それは「推敲」で ...

文章の書き方

 頭の中にありありと景色が広がり、まるで目の前でその景色を見ているような小説。そういった没入感のある立体的な小説を書くにはどのようにしたらよいのでしょうか?絵ではなく言葉で描く風景描写は難しいものです。苦手な方も多いかもしれません。そこで今 ...

2021年11月10日創作ネタ,文章の書き方

 「楽しみ」の対象は人によって違います。お酒を好きな人もいれば、旅行が好きな人もいる。何を楽しいと感じるか、その対象のものによって日本語には様々な「楽しみ」の言葉が用意されています。ここでは「楽しみ」の感情を表す言葉30選を一挙にご紹介しま ...