小説で使える『怒り』の言葉30選|意味・例文付きでご紹介します!

2021年11月6日




 小説を面白くする要素である「人の怒り」。「怒り」の表現の幅を広げると人の闇が深い様を表現でき、小説にいい起伏が生まれます。ここでは「怒り」の感情を表す言葉30選を一挙にご紹介します!擬態語などの簡単なものから、少々難しい表現まで、全て意味・例文付きで説明しています。ぜひ執筆活動に生かしましょう!

1ぷんぷん

・ひどく腹を立てて機嫌の悪いさま

(例)息子は友達におもちゃをとられてぷんぷんだ。

2カリカリ

・おもしろくないことがあっていらつく様

(例)何をそんなにカリカリしてるの?

3いらいら

・思うようにならず、心があせって神経がたかぶること

(例)彼の遅刻ぐせにいらいらが募る。

4カッカ

・興奮して冷静さが失われるさま

(例)彼はすぐカッカする性分だ。

5ガミガミ

・口やかましくしかりつけたり、文句を言ったりするさま

(例)母は私に勉強しろとガミガミ言う。

6ムカッとする

・腹がたつこと

(例)私は彼の一言に思わずムカッとした。

7キレる 

・本気で怒ること

(例)「そんな小さなことでいちいちキレてどうするの?」

8かちんとくる

他人の振る舞いや言葉に不愉快になること

(例)息子のあまりに生意気な態度にかちんときた。

9わなわな(と身を震わせる)

・恐れ・怒り・寒さなどで体がふるえるさま

(例)怒りのあまり両手がわなわな震える。

10かんかん

・すごく怒っているさま

(例)あいつ、今かんかんだったよ。何があったの?

11鼻息が荒い 

・おもいこみが強く、人の説を受けつけないさま

(例)絶対に犯人はあいつだ!と彼は鼻息を荒くした。

12お冠

・不機嫌なこと、怒っていること

(例)課長は今、大変お冠だ。

13血が逆流する

・怒りをむき出しにする様

(例)わたしはその一報を受けて、血が逆流するのを感じた。

14向かっ腹(むかっぱら)

・これといった理由もなく、腹立たしい気持ち

(例)このにっちもさっちもいかない状況に、私は向かっ腹を立てた。

15青筋を立てる

・静脈が浮き出るほど怒ったり、興奮すること

(例)彼がまさかあんなに青筋を立てる人だとは想像だにしなかった。

16かんにん袋の緒が切れる 

・我慢できる範囲を超えて、怒りが爆発すること

(例)主人の女癖の悪さに、さすがの私もかんにん袋の緒がきれた。

17怒りが火の玉となって

・激しい怒りの感情に包まれること

(例)上司のあまりの暴言に、怒りが火の玉となって体を駆け抜けるのを感じた。

18けしからん

・道理から外れている様、またそれを叱るときの言葉

(例)まったく!お前はけしからん奴だな!

19すごむ

・人を脅すような様子を見せること

(例)「約束の日までに返済いただけなければ、大勢で伺いますので」と

 その男はすごんできた。

20つむじを曲げる

・怒ってひねくれること

(例)妹は兄にゲームで負けてつむじを曲げた。

21仏頂面(ぶっちょうづら)

・ぶあいそうな顔つき

(例)「ちょっと試合に負けたからって、いつまでも仏頂面してないの!」

22業を煮やす

・思うようにことが進まず、腹をたてること

(例)彼氏の結婚を決められない姿勢に業を煮やして、彼女は別れた。

23修羅がうずく

・激しい感情のあらわれ

(例)彼の度重なる裏切りに、胸中に修羅がうずいた。

24悲憤(ひふん)

・社会の不正や乱れを悲しみ怒ること

(例)私はその極悪非道なやり方を見て、悲憤の涙を流した。 

25勃然(ぼつぜん)

・顔色を変えて怒るさま、むっとすること

(例)勃然と湧き上がる憎悪に、思わず我を忘れてしまった。

26柳眉(りゅうび)を逆立てる

・美人がひどく怒ること

(例)あの子はどっぷり僕のストライクゾーンなので、柳眉を逆立てたって、それさえも可愛く感じる。

27癇(かん)にさわる

・気に入らなくて、いら立たしく思ったり怒ったりする

(例)彼女は自分だけ特別扱いされなかったことが癇にさわったようだ。

28息巻く(いきまく)

・息を荒くして怒ること

(例)同僚は「あいつだけは絶対許さない」と息巻いていた。

29切歯扼腕(せっしやくわん)

・歯をくいしばったり、腕を握りしめて悔しがること。

(例)信頼していた友人に裏切られたあの人は、今頃「切歯扼腕」の思いだろう。

30眼光炯々(がんこうけいけい)

・ 鋭い目つきでものを見るさま

(例)その刑事は、眼光炯々な表情で容疑者を見つめた。

Contents

まとめ

 いかがでしたか?怒りの程度によって、また怒っている人のキャラクター、怒っている対象のものにより最適な表現は変わりますよね。また漢字をより多く使う言葉の方が、怒りの強さ・真剣度もより伝わります。怒りの起伏によってできた緊張感を、上手く伝え持続させられるように、言葉を工夫して利用してみて下さい!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
このホームページは創作者支援サイトです。
創作者の方向けの記事を発信しています。


下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ腰ボロSEのライトノベル奮闘記 - にほんブログ村
ライトノベルランキング