小説で使える『哀しみ』の言葉30選|意味・例文付きでご紹介します!

2021年11月8日




 小説に深みや色を与える「哀しみ」の感情。誰もが感じるそこはかとない哀しみや寂しさを、まるで秋に少しずつ紅葉する木々のようにグラデーションで繊細に描写できたら素敵ですよね。ここでは「哀しみ」の感情を表す言葉30選を一挙にご紹介します!簡単なものから、少々難しい表現まで、全て意味・例文付きで説明しています。ぜひ執筆活動に生かしましょう!

1切ない

 ・悲しさで、胸が締めつけられるような気分

 (例)彼氏に突然ふられた時のあのない気持ちが忘れられない。

2泣きそう

 ・今にも涙がでそうなほど哀しいこと

 (例)「財布落としちゃった・・・」

     「ほんとに?」

    「もう泣きそう・・・」

3痛ましい

 ・見るからにわが身が痛むほど、かわいそうな有様

 (例)目の前で痛ましい事故を目撃した。

4言葉にできない

 ・ある出来事に衝撃を受け、言葉が出ない様

(例)映画のラストが衝撃すぎて、しばらく言葉にできなかった。

5ほろ苦い

 ・ちょっと苦く哀しい

 (例)私の初恋はほろ苦い思い出だ。

6どこか寂しい 

 ・はっきりとは示せないが寂しい気持ち

 (例)彼のことは別段好きじゃないけど、いなくなるとどこか寂しい。

7むせび泣く

 ・哀しくて声を詰まらせて泣くこと

 (例)彼は元カノに別れを告げられたショックでむせび泣いていた。

8わびしげ

 ・いかにもみすぼらしい、心細い感じ

 (例)彼は早くに妻に先立たれ、いつもわびしげに1人買い物をしている。

9ウェット

 ・情にもろいさま

 (例)私はウェットなたちなので、ドライな人間が苦手だ。

10マイナー

 ・哀しい雰囲気がする

 (例)私はどちらかというマイナーな曲調に惹かれる。

11センチメンタル 

 ・傷つきやすいこと

 (例)秋になると、なぜかセンチメンタルな気分になる。

12感傷的

 ・哀しい感情に揺さぶられ、何かにつけて涙もろくなること

(例)今日のあなたはずいぶんと感傷的ね。

13傷心

 ・悲しく思うこと。心を痛めること。

 (例)たとえ傷心を抱いていても、彼は非常に冷静だった。

14哀愁が漂う

 ・寂しさや物悲しい様子 

 (例)彼の背中には中年男の哀愁が漂っている。

15悲哀

 ・悲しく哀れなこと

 (例)母に先立たれた父の表情には孤独と悲哀が滲んでいた。

16叙情的

 ・感情などが、外にそこはかとなく現れるような雰囲気を表す

 (例)読んでいる小説が叙情的で、思わず感傷に浸ってしまう。

17うら寂しさ

 ・心の中に寂しい感情があるさま

 (例)この部屋にはなんとなくうら寂しさが漂っている。

18憂(うれ)う

 ・悪い状態や結果になりはしないかと心配する

 (例)この政治の行く末を大いに憂いている。

19胸が潰れる

 ・悲しみで心が強くしめつけられる

 (例)なぜこんな非道なことができるのかと、胸が潰れる思いだ。

20腸を断つ 

 ・悲しみに堪えられないさま

 (例)行かないで!という娘を振り切って、腸を断つ気持ちでその場を離れた。

21悲愴

 ・ 悲しく痛々しいこと

 (例)母は友人の訃報を受け、悲愴な顔つきをしていた。

22寂寥感(せきりょうかん)

 ・虚しく、寂しく感じること

 (例)秋風が吹くと、なぜか寂寥感が漂う。 

23悶々(もんもん)

 ・心の中で大いに思い悩むこと

 (例)彼は生徒から悩ましい相談を受け、悶々とした日々を過ごしていた。

24憂愁(ゆうしゅう)

 ・ 悩み悲しむこと

 (例)憂愁の色が濃い1年となった。

25諦観(ていかん)

 ・事態を察してあきらめること

 (例)私はコロナ後の新時代を諦観している。

26メランコリック

 ・憂鬱(ゆううつ)なさま、物憂げな様子

 (例)彼女のメランコリックな表情に妙に惹かれる。

27沈痛(ちんつう)

 ・悲しみや心配事に沈むさま

 (例)彼は最愛の人が亡くなり、沈痛な思いで過ごしている。

28暗鬱(あんうつ)

 ・暗くてうっとおしいこと

 (例)暗鬱な冬の空を見ると、気分が重くなる。

29紅涙を絞る(こうるいをしぼる)

 ・美しい女性が涙を流すさま

 (例)亡き母のことを話しだすと、彼女はたちまち紅涙を絞った。

30暗然(あんぜん)

 ・悲しくて心がふさぐさま

 (例)私は暗然として云うべき言葉がなく、ただただその場に立ち尽くしていた。

Contents

まとめ

 いかがでしたか?哀しみの言葉は、漢字を駆使してその哀しみの深さや度合いを上手く表現している言葉が多いですよね。哀しみといってもけして悪い印象の言葉ばかりではありません。使い方によっては少しくらいの哀しさ、弱さはまた魅力となることもあります。そして哀しみには何段階もの深さや広がりがあります。それらを丁寧に描写できるたった1つの言葉を是非探してみて下さいね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
このホームページは創作者支援サイトです。
創作者の方向けの記事を発信しています。


下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ腰ボロSEのライトノベル奮闘記 - にほんブログ村
ライトノベルランキング