電子書籍Kindleのメリットと誰も言わないデメリット。なぜオススメかお伝えします。

2020年7月24日

 Kindle推進委員会の会長をつとめております。
 杞優橙佳です。

 ……すみません、嘘です。そんな組織はありません。

 ですが私自身がKindleに可能性を感じているのは事実。

 【参考】ラノベ作家の収益化をAmazon Kindleで実現する

 本エントリーでは、改めてKindleの電子書籍がどれだけ素晴らしいかを書いていきます。

電子書籍という革新

 近年、「書籍」という言葉が持つ意味合いは大きく変化してきました。

 それまで、「書籍」や「書籍出版」と言えば、「紙の本」を指していました。

 しかし「電子書籍」と呼ばれる「書籍」が参入し、広く普及した現在、「紙の書籍」と「電子書籍」それぞれにメリット・デメリットをわたしたちとしては見出すことが可能となりました。

 「購入」する際のメリット・デメリットもそうですし、「書き手」としての「出版」についてもそれぞれのメリットとデメリットを見比べた上で選択することが可能となったと言えます。

「電子書籍」のもつメリット

・購入の「手軽さ」

 「小説作品」もそうですし、「コミック作品」、「ビジネス書」など、「電子書籍」の現場に存在しないジャンルの書籍というのは既に見つけるのが難しくなっているほど、「電子書籍」は広く浸透し市民権を得ています。書籍購入サイトへの会員登録などを用いることで、数千という作品の中から、わたしたちは非常にお手軽に「好みの本」を選んで購入することが可能となりました。

 本屋を探し回って歩く必要はなく、また「電子書籍」の特性上、「紙媒体」では入手困難となっている「人気作」や「人気雑誌」についても、「書店の入荷」を待つことなく手に入れて楽しむことができます。データとして購入するので、現実の部屋に積み重なる書物の山の置き場に悩まされることもありません。

 さらに購入したあとは、すぐさま読むことができます。

 本屋さんへいかなくとも、すぐさま読めるのです……!!!

※え?このメリット伝わらない……?

・出版の手軽さ

 「電子書籍」の出版に際しても、やはりメリットとして大きいのは「手軽さ」でしょう。同人誌以外の「紙の本」は、基本的には「出版社」を介さないと出版が困難です。

 ですが、「電子書籍」であれば、kindleなどを使用すればセルフで簡単に「出版」できてしまいます。

 Amazonのアカウントを作成し、キンドルダイレクトパブリッシングと呼ばれる無料サービスの登録を済ませたら、あとは原稿を用意してテキストデータで送信。特殊なファイル形式に変換する手間だけはありますが、ファイルを取り込む環境と原稿データさえあれば、知識もスキルも不要で「出版」することができます。

 さらに、あなたの本を誰かが「購入」してくれたなら、35〜70パーセントもの「印税」があなたのもとに入ってきます。あなたの「頭の中にしかなかった物語」が、誰かに求められ、お金という嬉しいプレゼントで返ってくるんです。

・検索性

 Kindleアプリから、本の中身を検索できます。気になった箇所にマーカすることも可能で、マーカした場所へすぐ飛べるようになっています。私なんかは「紙の本」を読むときに、気になったページの縁を折り曲げたり、付箋を付けたりします。ですが後であのセリフどこだっけ?と検索する時には苦労します。

 その点、Kindleの検索性は神!ですね。

・劣化しない文章とイラスト

 Kindleで出版したあなたの作品は、Kindleサービスがなくならない限り(Amazonがなくならない限りと言い換えてもいいでしょう。Amazonの本業は、本屋なのです)、永遠に劣化しない作品として残り続けます。

・運搬性

 スマホにダウンロードすれば、いつでもどこでもあなたの作品を読むことができ、誰かへ気軽に勧めることができます。

 スクショをパシャリと撮って誰かにLineで送りつけるなんてのも可能です。

 紙の本をカメラで撮ると、暗くなったりして、見栄えが悪くなったりするじゃないですか。暗い写真を送りつけられた方は読む気もなくしますし、作品に対する第一印象も悪いです。参考】美しいという印象は1秒で決まります。

 その点、電子書籍なら原本そのままの美しさを友達に伝えることが可能です。

「電子書籍」のもつデメリット

・古本屋さんがない

 古本屋さんがない……というのは、小説家を目指す人間であれば言ってはいけない雰囲気のあるワードのひとつです。

 というのも、古本屋を経由して本が売れても、出版社側の売上にカウントされず、かつ作者の手元にお金が入らないからです(作品の打ち切りに関係します)。

『古本屋から買うのやめて』
 こういった書き込みをよく目にします。

 そろそろ出版社は、古本屋に流れてほしくない本を全て電子書籍化してみたり、電子書籍の売り上げをカウントする仕組みを取り入れるべきなのになと思うのですが、なかなか進みません。

※問題が発生している場合は、問題を解決するための課題を定義し、解決の方向性(どうしたいか)を定め、対処策を探し続けることが重要です。これは私の本の読者さんであればご理解いただいているかと存じます。

 古本屋さんという形態がなぜ存在を許されているのか、なぜそこで買う人がいるのか(金銭的な事情の人もあるはずです)を明らかにすること。古本の流通を止めるためには?や、古本が流通しても作者が問題ないようにするためには?を考えることが必要ですね。

 とにかく古本屋さんがないので、本を安く買うことが難しいというデメリットがあります。もちろんAmazonで見ていただければ分かるとおり、Kindle版のほうが文庫版よりも10%、20%ほど安く売っている場合がほとんどです。

 ですが古本屋さんをつかうと、まだ紙の本のほうが安いんですよね。

 誰もいいませんが、これが電子書籍の流通しない最大の理由だと思います。

電子書籍を出版する方法

 最後に電子書籍を出版する方法をご紹介します。先程も触れましたが、下記のエントリーでKindleの登録から出版までの方法を簡単にまとめています。

KDPに登録して本を出そう!

 Microsoft Wordをもっていないという方は、無料でつかえるサービスがありますのでこちらを利用してみてください。

Wordが無料で使える!Googleドキュメント

 すべてが面倒くさいという方には、ココナラで電子書籍をお願いできるサービスがありますので、こちらを利用してみてください。

ココナラの電子書籍出版サービス

 私の作品も、下記の通りKindleで出版しています。

LinkAuter Chronicle Xceed (全4巻)

 あなたもぜひ電子書籍を出版してみてください。
 ともに電子の海を漂いましょう!!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
小説家ランキング