KDPに登録して本を出そう!

今回はAmazon Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)に登録する方法を説明していきます。

Kindleダイレクト・パブリッシングに登録しておけば、Kindleで世界中に自分の本を販売することができます。作家への第一歩ですね。

早速登録してみましょう。

STEP1 KDPサイトにアクセス

まずはKindle ダイレクト・パブリッシングサイトにアクセスしましょう。
下記からアクセスできます。

https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP

STEP2 Amazonアカウントでサインイン

右側の「サインイン」ボタンをクリックしてください。

そうすると次の場面が表示されます。


Kindleダイレクト・パブリッシング利用規約が表示されますので
「同意する」ボタンを押してください。

これだけでKindleダイレクト・パブリッシングに参加できます。
やってみたら簡単ですね。

STEP3 アカウント情報の更新

STEP2が完了すると、Kindleダイレクト・パブリッシングのホームページにログインできます。初めてこの画面にアクセスした皆さんは、画面上方に下記のメッセージが表示されているはずです。


このままでは本の出版ができません。
これから説明するアカウント情報の登録が必要です。
ひとつひとつ説明していきますね。

まずは「今すぐ更新」ボタンを押しましょう。


そうすると下記のページが表示されますので、著者/出版社情報の入力をしましょう。ここの氏名は本名を記載してください。
ペンネームは別途入力できる場所があります。

続いて支払いの受け取り方法を記載してください。
Kindleダイレクト・パブリッシングの売上がこの銀行口座に振り込まれます。


銀行口座の入力が終わったら、税に関する情報の入力を行います。

STEP4 税に関する情報の入力

STEP4では税に関する情報の入力を行います。

なぜこの設定を行うのか?ですが。
まずアメリカでは本の販売売上に30%の源泉徴収税がかかります。
そして電子商取引に対する税金は、納税者番号(TIN)(日本で言うところのマイナンバー)を用いて自動的に引き落とす仕組みになっています。

つまり「アメリカのAmazon(Amazon.com)で売上があがったときには、30%の源泉徴収が引き落とすよ、同意してくれるよね?」ということです。

アメリカに税金落とすのは嫌だなーと思われるかもしれませんが、Amazon.comで売上が上がることはほぼないでしょうから、機にしなくて大丈夫です。

では、さっそく入力していきましょう。

上記のように選択します。

続いて税務上の身元情報を入力します。

TINにはマイナンバーの値を入力しましょう。


租税条約上の優遇措置の請求を行います。
日本は優遇措置を受けられるようですね。


最後に署名を行います。
※半角英数字および半角記号(利用可能な記号: & – , ‘ / # .% )のみ使用できます。漢字、ひらがな、カタカナは使用できません。アクセント記号付き文字を使用する場合は、相当する英語のアルファベット (“á" の代わりに “a"、"ó" の代わりに “o" など) を使用してください。

署名が終わったら「保存してプレビュー」をクリックします。

プレビューを見ていただき、問題がなければ「フォームの送信」をクリックしてください。

これで税務情報に関するインタビューは終わりです。

お疲れ様でした。