小説初心者必見!「小説の書き方がわからない」から抜け出す方法とは?

2023年4月7日

 本エントリーでは「小説の書き方がわからない」から抜け出す方法を解説します。

 小説を書くことは夢や情熱の詰まった創作活動ですが、初めて手をつける場合は「どこから始めたらいいのかわからない」という人も多いでしょう。

 しかし、小説の書き方を学ぶことで自信をつけ、作品を完成させることができます。まずは入門書や情報サイトなどから基礎知識を身につけ、ストーリーや主人公の設定、キャラクター作りなど具体的な手法を学びましょう。

 また、他の作家の小説を読んでアイデアを得たり、プロにアドバイスをもらったりすることも有効です。さらに、小説家になるための道筋を学ぶことや、作品の宣伝方法を知ることも重要です。小説を書く夢に向けて、しっかりとした計画を立て、着実にステップを踏んでいきましょう。

Unlimited 読み放題 - 200万冊以上の本が読み放題 2ヶ月99円!

境界を超えろ!シリーズが特別キャンペーン中!5冊セット495円!

小説の書き方がわからないから抜け出す方法とは?

小説の書き方を知ることで自信をつける

 小説の書き方を学ぶには、まず基礎知識を身につけることが重要です。入門書を見たり、自分で情報を探したりすることで、プロット配分やキャラクター作りなど、具体的な手法を学ぶことができます。
 小説を書くのに慣れていない人が、最初に決めるべきはストーリーや主人公です。このために、まずは自分の考える物語を書き出してみましょう。例えば、プロットネームを決めたり、プロット配分をすることで、物語の骨子を作ることができます。

 その後、キャラクターを作り込むことが重要です。彼らについては、特徴や過去、性格などを考えて描いていくことが必要です。これには、書籍や雑誌、漫画や映画、あるいは周囲の人々の話を聞いたりすることも役立ちます。
 次にページ数を決めることが必要です。これには、書きたいストーリーや物語の展開、また書き手自身のスキルや能力も関わってきます。例えば、500ページの大作を書きたい場合は、長期的な視野で執筆する必要があります。
 また、小説を書く際には、快適な執筆環境を整えることも重要です。静かな作業スペースを確保したり、パソコン、スマートフォン、アプリの使い方や技術を学び、効率的に執筆を行いましょう。
 小説を書くことで、自分自身のスキルアップや実績に繋がることもあります。例えば、雑誌に応募して掲載されたり、Amazonで出版することも可能です。現代の副業に、小説はとても向いています。
 自分自身が思い描く作品を書き上げ、世に出すことを目指しましょう。

他の作家の小説を読むことでアイデアを得る

 他の作家の小説を読むことは、自分自身の創造性を高めるために非常に役立ちます。他の作家がどのように物語を構成したり、キャラクターを描写したりしているのかを読むことで、自分自身の小説において新しいアイデアを得ることができます。
 例えば、ベストセラー作家のスティーブン・キングは、自身の小説において、他の作家の作品からインスピレーションを得ています。キングは、読書が自身の執筆スキルに大きな影響を与えたと述べており、他の作家の作品を読むことがどのように自分自身の創造性を高めることにつながるのかを明確に説明しています。

 他の作家の小説を読むことで、自分自身の小説におけるストーリーやキャラクターに関するアイデアを得ることができます。例えば、ある小説の主人公が悩んでいる問題に対して、自分自身の小説のキャラクターが異なる視点から取り組むことができます。また、他の作家がどのように物語の展開を進めているかを見ることで、自分自身の小説のストーリー展開について新しいアイデアを得ることもできます。
 さらに、他の作家の小説を読むことは、自分自身の執筆スキルを向上させることにもつながります。他の作家がどのように文章を構成しているのか、どのように言葉を選んでいるのかを注意深く読むことで、自分自身の文章力を高めることができます。

小説執筆のプロにアドバイスをもらう

 小説を書く上で、どのようなストーリーや登場人物を作るか、どのように文章を構成していくかなど、多くの悩みがあるものです。そこで、小説執筆のプロにアドバイスをもらうことは非常に重要です。プロからのアドバイスは、自分では気づかなかったヒントを与えてくれる場合があり、新しいアイデアを得ることができます。
 プロからのアドバイスを得る方法には、講座やセミナーに参加する、添削や応募先での指摘を受ける、編集者やプロの作家に直接相談するなどがあります。また、サービスや書籍、Web上のコラムや記事などを活用することもできます。
 具体的には、Twitterやメディア上での作家の投稿やインタビューを見ることで、作家の考えや思いを知ることができます。また、KindleやAudibleなどで多くの小説を読むことで、様々な作品から学ぶことができます。
 プロからのアドバイスを受けることで、作品の質を高めることができます。プロがアドバイスするポイントには、ストーリーや登場人物の設定、プロットの作り方、文章の表現力や構成などがあります。これらを参考に、自分自身の執筆に取り入れていくことが必要です。

おすすめの小説書き方本紹介

小説の解説本で、物語の作り方を学ぶ

 小説の解説本は、物語の作り方を学ぶための手軽で効果的な方法の1つです。自分で小説を書くのが初めての場合や、小説家としてのスキルアップを図りたい場合にも役立ちます。
 解説本は有名な小説の例を多数取り上げており、その中から様々なストーリーやキャラクター、構成を学ぶことができます。自分で物語を考えることが苦手な初心者にとっては、非常に効果的な手段となります。
 また、小説の解説本は書店やオンラインストアで手軽に入手できます。手頃な価格で販売されているため、費用をかけずに学ぶことができます。
 初心者向けの入門書から、より高度な技術やテクニックを学べる解説本まで、自分のレベルに合わせて選ぶことができます。まずは以下の本を読んでみることをお薦めします。

created by Rinker
¥282 (2024/07/12 00:35:46時点 Amazon調べ-詳細)

本気になったら?小説家になるための道筋を学ぶ

 小説の解説本で基本を学んだ多、小説家になるための具体的なステップや方法についてまとめた情報資料を参照しましょう。
 このような資料には、小説の執筆に必要な基礎知識やスキル、執筆のノウハウ、デビューのためのプロセス、出版社や新人賞に関する情報、成功するためのヒントやアドバイス、成功した作家たちのインタビューやエッセイなどが含まれます。小説家になりたい人たちにとって、貴重な情報源となります。
 例えば以下の資料です。

created by Rinker
¥1,430 (2024/07/13 00:29:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥792 (2024/07/12 10:52:38時点 Amazon調べ-詳細)

作品の宣伝方法を学ぶ

 作品を制作する際には、Webサイトや動画などのツールを利用して、自分の作品を紹介することも大切です。また、作品を販売する場合には、価格や販売方法を考えることも必要です。

 さらに、自分の作品を広めるためには、記事やブログ、SNSなどを活用することが有効です。その際には、作品や制作過程についての解説や方法を共有することで、参考になる情報を提供することができます。

 作家になるためには、多くの時間や労力が必要ですが、自分のアイデアや制作方法を見つけて継続して取り組むことが重要です。また、自分の作品を売ることができる市場や方法を見つけることも大切です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
このホームページは創作者支援サイトです。
創作者の方向けの記事を発信しています。



下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ腰ボロSEのライトノベル奮闘記 - にほんブログ村
ライトノベルランキング