「続きが知りたい!」と読者に言わせる11の区切り方

2020年4月25日




こんにちは。
杞優橙佳です。

小説家になろうやカクヨムに投稿するとき、
ある程度の文字数で1話を区切りますよね。
※適切な長さの考察は下記をご覧ください。

その際、『区切り方』は気にしていますか?
例えば、ある話を投稿した後、読者さんが減ったとしたら。

続きが気にならない終わり方だったのかな?
切りがよすぎて満足しちゃったのかな?
そんな不安を覚えるかもしれません。

本エントリーは、「続きが知りたい!」と読者に言わせる11の区切り方について書いていきます。

いかに読者を飽きさせないか。いかに読者を繋ぎ止めるか。いかに驚きのストーリーを展開させるか。物語を書く誰もが悩む疑問を解決します。

「続きが知りたい!」と読者に言わせる11の区切り方

1.対立が予見される

例.主人公のもとに、暗殺者が姿をあらわした。
→次の話では主人公と暗殺者の対立が描かれるのだろうなと、ページをめくたくなります。

2.明かされない秘密

例.彼は彼女の耳元でこうささやいた。
→何をささやいたのか気になって、ページをめくたくなります。

3.大きな決断あるいは誓い

例.彼は生涯をかけて復讐を誓った。
→どうやって復讐をしていくのか気になって、ページをめくたくなります。

4.ショッキングな出来事の知らせ

例.大富豪が借金を代替わりしてくれる約束を取り付けた彼は、ほくそ笑んでいた。だが次の日には彼は青ざめる。大富豪が死んだ、というのだ。
→借金はどうするのか気になって、ページをめくたくなります。

5.感情が高まる瞬間

例.なぜだ、なぜ彼女は死んだ!俺はどうして、それを止められなかった!
→感情の高ぶった主人公が何をしでかすか気になって、ページをめくたくなります。

6.ストーリーを逆転させる事実の発覚やサプライズ

例.彼の初恋の人は、姉だった。
→恋はどうなるか気になって、ページをめくたくなります。

7.新しいアイデア

例.たったひとつの冴えたアイデアが思いつきました。自分にしかできない戦い方を。
→うまくいくか気になって、ページをめくたくなります。

8.答えが提示されない疑問

例.「ここに来るのは初めてなんです。案内してください」主人公は案内人からひととおりの説明を受けると、スタスタとまわりをあるき出した。ひとしきり歩き回ると、彼は案内人に頭を下げた。案内人は軽く頷いて、こういった。
「それで?君は本当に初めてここに来たのかい?」
→君は一体何者? 初めてと言ったのは嘘だった? 気になって、ページをめくたくなります。

9.謎めいたセリフ

例.ボクは二度とこの地を踏むことはないだろう
→ボクはどうなる? 気になって、ページをめくたくなります。

10.なにかの前兆

例.空に、金色のアークがでていた
→何の前触れか気になって、ページをめくたくなります。

11.ターニングポイント

例.主人公が地方の侯爵に引き取られていく
→これからの生活はどうなる? 気になってページをめくりたくなります。

終わり方のバラエティが大事

「続きが知りたい!」と読者に言わせる11の区切り方を紹介しましたが、重要なのはバラエティをもたせることです。例えばWeb小説プラットフォームで、毎日更新している作品。終わりが一辺倒だと読者がだれてきますよね。たまにはあっと驚かせてほしいというのが、読者の本音でしょう。

そういう意味では、私は若干反省です。1話1話を綺麗に終わらせたい気持ちが強すぎて、切りがよくなる傾向があります。
「続きが知りたい!」と思われる終わり方を心がけたいですね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
このホームページは創作者支援サイトです。
創作者の方向けの記事を発信しています。


下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ腰ボロSEのライトノベル奮闘記 - にほんブログ村
ライトノベルランキング