絵で覚える「てにおは」解説 格助詞編

こんにちは。
杞優橙佳です。

しるどら様のこのツイートを見て、
普通の良さを普通に書けるようになりたいと強く感じました。

そこで普通の文章を書くのに必要な、
文法の勉強をし直そうと考えました。

勉強した知識が、
説明できることを目指します。
結果として読者のみなさんに役立てば幸いです。

第1弾は絵で覚える「てにおは」解説、
格助詞編です。

普通の良さを普通に書くために、
言葉の接続方法を学ぶことは大きな力となります。

さらにイラストで格助詞の雰囲気をつかむことで、
忘れにくくなる効果を狙っています。

是非参考にしてみてください。

「が」

集団のなかの1つをピックアップして指す。
・主格(主体) / A が 異世界に転生する。
・述語の対象  / Aは魔法 が 得意だ。

「を」


ただ1つだけを指す
・対象  / 頭 を 消してください。

「の」

主と対象をつなぐ。
・連体修飾格  / A の レベルがあがった。
・主格     / A の 育てた野菜。
・準体言    / そのエルフはA の 妻だ。

「で」

ある範囲を指す。
・場所  / 魔王城 で 遊ぶ。
・手段  / 鞭 で 叩く。
・材料  / 粘土 で ゴーレムを作る。
・原因  / 風魔法 で 大木が倒れた。
・範囲  / スライム で 一番強いのは私だ。

「て(って)」

主を引き合いに出す。
・引用  / A って 勇者?

「に≒へ」

ある一点を指す。
・場所    / 壁の中 に いる。
・対象    / 詠唱 に 集中する。
・時点    / 20年前 に 戻る。
・変化結果  / 女体 に なる。

場所、対象、時点については「へ」にも置き換え可能。「に」があまりに続くようならバランスを考えて「へ」を使うと良い。

「から、まで」

からは起点を、までは終点を指す。
・起点  / ダンジョン から 魔物が生まれています。
・終点、範囲  / 墓場 まで 5分です。

「と」

事象や物事を連結する。
・並列  / 魔王 と 殴り合う。 勇者 と 女騎士。
・比較  / 彼の能力 と そっくりだ。
・引用  / 誰かが「悪役令嬢だ」 と 叫んだ。
・状態  / ひっそり と 忍び込む。

「や」

単なる羅列。
・代表例示  / 賢者 や 殺し屋。

格助詞編は以上です。
お役に立てば幸いです。