異世界シャワー問題を考える|衛生面とご飯はリアル中世派?それとも現代日本派?

 数年前から話題になっている異世界シャワー問題。あなたはどう考えますか?衛生面とご飯だけは現代日本で綺麗にいきたい!っていう人もいるし、それじゃ没入できないでしょ派もいるかもしれません。世の中の反応を参考に、筆者なりの答えを出したいと思います。

異世界シャワー問題とは

 そもそも異世界シャワー問題とは、SF作家の山本弘氏のこんな一言がきっかけで始まりました。

「コトが終わった後、『シャワーを浴びて』という文章に、思わず突っ伏して笑った。あるのかよ、異世界にシャワーが!?」(Togetterより参照)

 山本氏が平鳥コウの「JKハルは異世界で娼婦になった」(早川書房)についてこのように意見したのです。

「シャワーはコックをひねったらお湯が出る高度なテクノロジー装置」という認識のもと「それを安易に登場させたのが許せない」という意見がきっかけとなり、そもそも異世界ファンタジーにおける設定はどうあるべき?という議論に発展したというものです。

みんなの反応はいかに?

 異世界シャワー問題、みんなはどう考えているのでしょうか?山本氏の意見に賛成・反対派両方の意見を見てみましょう。

賛成派

・ここら辺をリアルに描けば、ダークファンタジーとしてもてはやされる風潮あるかも

・それなりの説得力は欲しい。 一方で発達した文化を描写をしておきながら、一方ではそれらが不可能な遅れた世界を描かれると、そこで引っかかってしまう。 

反対派

・細かい設定をつついてはならない。異世界もののお約束では?

・山本氏の言う 「僕は異世界にポテトがあるぐらいは許せるけど、シャワーは許せない。」 がただの批判を表してるのでは?。好みに合わなかっただけ。

・旅行やキャンプと同じで、日常じゃないとこに行きたいだけで、サバイバルは望んでない

・このジャンルを求めてる人は「そんな理由はいい」と思ってそう。

・中世ヨーロッパではなく「異世界」を描きたいのだから、シャワーも飯も問題ない。それが成立する技術や文化を逆算して設定していくことが面白いのでは。

 全体的には反対派の意見が多い印象です。それにしても、異世界シャワー問題は人々に大変な関心を寄せています。

「衛生感と飯は現代日本並みが好き」に一票

 筆者は、イラストレーターの「よー清水さん」のこの意見に一票です。

https://twitter.com/you629/status/1438661703579750401?s=20&t=TFVGJW6KPu8JPx74_7-I3g

「俺は衛生感と飯が現代日本並みの中世ヨーロッパ風ファンタジーが好きなんだよぉぉ!」

 「好き」この言葉につきます。だからこそ人々の関心を寄せ、十人十色の意見が次から次へ出る。異世界シャワー問題は、いわば異世界ものというジャンルに対する「好み」ではないかというのが筆者の考えです。

 衛生面や飯の部分はさらっと受け入れやすくしておいて、ファンタジー部分に心おきなく没入したい。そう思う人にとって小難しい設定はただの引っ掛かりでしかありませんが、その細かい設定をもひっくるめて全部楽しみたい派の人にとってみれば、細かい設定は重要なファクターとなる。

 人の「好き」はいろいろであり、物語のベースとなる細かい設定もいろんな作品があることがラノベ界の活性につながるのではないでしょうか。

まとめ

 異世界シャワー問題は、山本氏の「異世界にシャワーはないだろう!」という意見に対して「そこは触れなくてもいい」という反対意見の方が多いようです。筆者も、「衛生感と飯は現代日本並みが好き」という意見に賛成です。

 しかしこれは読者の好みの問題であるというのが筆者の考えです。ラノベ界の活性につながるさまざまな設定の物語が生まれることに期待したいところです!

created by Rinker
¥554(2022/05/17 06:32:11時点 Amazon調べ-詳細)
ここまで読んで頂きありがとうございました。
このホームページは創作者支援サイトです。
創作者の方向けの記事を発信しています。


下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ腰ボロSEのライトノベル奮闘記 - にほんブログ村
ライトノベルランキング