「最弱と見せかけて最強」小説とは?世界観と設定解説【主流人気ジャンル分析調査シリーズ】

2020年8月14日

 「小説家になろう」における現在の主流人気ジャンル分析調査シリーズ第四弾、「最弱と見せかけて最強」小説について書いていきます。

「最弱と見せかけて最強」小説とは

 「最弱と見せかけて最強」小説、輝かしい功績や英雄譚を誇る冒険者(勇者のパーティ)に存在しながら、「ごくごく平凡」もしくは「むしろお荷物」の位置付けにあった主人公が、ある日、「何らかのきっかけ」で「平凡」や「弱小」といった言葉からはもっとも程遠い「特別な存在(最強の力を誇る存在)」であったと発覚する……。

 大事にしていた家族のような存在を失ったという「きっかけ」であったり、あまりの「お荷物加減」に勇者パーティから追放されてしまったことを「きっかけ」にしたり、「お荷物・弱小」と定義されていたがゆえんの「不遇」を強いられた主人公がそれを「きっかけ」として「己が秘めていた真の力」に「覚醒する」とも言い換えることができるかもしれません。

「最弱と見せかけて最強」小説の特徴

 一見すると「ごくごく平凡」もしくは「どこにでもいそうな普通の人」の容貌や設定のキャラクターが、実は「隠された才能」や「能力」を秘めているという展開や描写を「中二設定(厨二病設定)」などと呼ぶことがあります。

 「最弱と見せかけて最強」小説とは、そんな「中二設定(厨二設定)」を取り入れたジャンルと言えるのではないでしょうか。

 「凡人」からはかけ離れた「勇者」などの「超天才集団」に属していた「お荷物」・「落ちこぼれ」が、その身分ゆえに陥ることになった「不遇もしくは極限状態(パーティから追放される・大事にしていた家族を失う・優秀な家庭から追放されるなど)」を「きっかけ」に、それまでに属していた「天才エリート集団」の誰よりも秀でた魔導の技術であったり、勇者その人を含めて他の誰にも持ち得ることができなかった「特殊能力」であったりに「目覚めて」しまうことから始まる「大逆転ストーリー」とも言い換えることができるジャンルと言えるでしょう。

「最弱と見せかけて最強」小説のアイデア

 「最弱と見せかけて最強」設定小説、このジャンルを取り入れてオリジナルストーリーを描き出すとすれば、どんな物語が紡げるでしょうか。「最弱」の設定から、冒険者パーティなどの一員として主人公が始まるストーリーと、キャラクターが「男子」であるパターンが「小説家になろう」では多いように見受けられます。一捻り加えてオリジナリティを出したいですよね。

 主人公は「女子」で始まる「学園ファンタジー」の世界設定にしてみるなんていうのはいかがでしょう。国の名立たる令嬢が通う「貴族院女学校」の「天災的落ちこぼれ」である主人公は、学院の名に泥を塗ると蔑まれる日々。

 「魔法学」などの座学はこなせるものの、肝心の「魔力」が追い付かず、血筋であれば誰しもが身に着けられるはずの「魔法」が全く顕現しない「劣等生」……。「王族」や「姫」の設定を加えて主人公を「ヒロイン」に設定したからこその「オリジナリティ」を生み出せそうです。

 二つ目には、「最弱」という単語を少し広げて解釈して、同じく学園やオフィスを舞台とした女性キャラ主人公。

 冴えない容姿だと周りの女性たちから陰で嘲笑されるのに耐え忍ぶ主人公は、何の因果か見目麗しい同級生(同僚)ばかりの中に、一人だけ浮いた存在として日々の生活を送っている。

 そんな彼女の日常は、ある日、嫌がらせのつもりで周りの女生徒(同僚)が仕掛けた悪ふざけによって一変する。冴えない容姿だと嗤われていたヒロインは、実は周りの誰より絶世の美貌と呼ぶべき原石を秘めていたことが発覚して。

 「平凡」という「最弱さ」を信じられていた主人公が、「最強」と呼ぶべき美貌の魔法を秘めていたという拡大解釈的「最弱と見せかけて最強」要素にアレンジしました。もちろん、ここにファンタジー設定も取り込むこともできそうです。

 ここまで読んで頂きありがとうございました。
 ここは、創作ライフを、生きがいにするための支援サイトです。
 下記ボタンを押して頂けたら
 モチベーションが高まります。
 応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
小説家ランキング