創作ネタ | ネガティブコンプレックスから人と違う道を選べるのは幸運です

【ひろゆき&成田悠輔】冨永愛の劣等感…アジア人の葛藤とは?【トップモデルの闘い】

 という動画を視聴して、富永愛さんの言葉で、面白いなと感じる言葉がありましたのでシェアします。

 冨永愛さんは小学校1年生のときから、身長が高く、背の順では1番後ろだったそうです。そのため小学校低学年の女の子が一般的に言われるような「可愛い」という評価を受けず、大人や同年代の子供たちから「背の大きいやつ」という評価を受けていたとのこと。それによってか冨永愛さんは「自分は違うんだ」と感じて、他の子供達の感覚(人と同じことをするのが好き……例えばボールをみんなで追ったりとか、みんなで同じ話題をして楽しむといった感覚のことです)から離れていったそうです。

 つまり冨永愛さんは、自分の見た目が他人と違っていたことで、他の人と違う生き方を早くに選べた

 

 もちろん動画の中でもおっしゃっていましたが、背の大きいことはとてもコンプレックスだったそうです。けれども今の冨永愛さんは、背の高さを活かしてモデルをされています。この冨永愛さんの生き方自体が「人とは違うコンプレックスが、自分だけの未来をつくる切り口になる」という含蓄があると感じました。

 

冨永愛さんとイチロー選手、大谷翔平選手の違い

 イチロー選手や大谷翔平選手だってきっと、他の人と違うことを子供のときに自覚できたから、自分だけの未来を早くに選べたのだと感じます。イチローの小学生時代の作文や大谷翔平選手のマンダラチャートを見ると、両選手が子供の時から野球選手になるという未来を選び、そこに向けて尽力したことがわかります。

20120128130635.png
イチロー選手の作文
E5-h61PVkAM7Qxn.jpg
大谷翔平選手のマンダラチャート

 イチロー選手や大谷翔平選手が早くに未来を選んだモチベーションは、「人よりうまくできる」というポジティブな点だったのでしょう。ここが生まれもった体格で人と違うを実感せずにいられなかった(そしてネガティブなコンプレックスにもなっていった)冨永愛さんと違います。

 冨永愛さんは、お姉さんからの偶然の紹介でモデルに入っていったとのこと。

人とは違うネガティブからでも、一般的じゃない道を早くに選ぶ

 冒頭の動画で、冨永愛さんの言葉を聞くと、自分の考えを具体的に言語化されています。早くに人と違う道を選んでいく上では、「みんなと一緒だから(いいじゃん)」が免罪符にできません。そのため、自分の考えが拠り所になり、自分の考え方が先鋭化していった……のだろうと感じました。

 

 この能力。つまり自分の考え方を先鋭化していき、具体的に言語化する能力って、今後もとめられると思うんですよね(それこそ冒頭の番組でMCされている成田悠輔さんやひろゆきさんもそうです)。

 では自分の考え方をどう先鋭化していくか? 考えを深めるにはどうすればいいか?

 それは、一般的じゃない視点で世界を見た日々の積み重ねだと感じます。だとすれば、自分の考え方を先鋭化していくきっかけは、ネガティブにせよポジティブにせよ他人との違いを自覚して、一般的じゃない道を早くに選ぶことでしょう。

 

 めちゃくちゃしょうもない話でいうと、私は子供の頃に周りの子供と比べて毛が濃いといわれたことで、人と同じ道は選べないと感じました。笑 そこから人を観察するようになりましたし、自分の中に(様々なIfの人生を歩む)沢山のキャラクターが生まれるようになりました。ネガティブコンプレックスから人と違う道を選べたのは幸運だと感じます。

ただ、ネガティブコンプレックスは解消すべき

 ただ、1点重要なことがあります。

 それは「自分の考え方を先鋭化させるために、人とは違うネガティブなきっかけで、一般的じゃない道を早くに選んだ場合、ネガティブコンプレックスはどこかで解消すること」です。

 冨永愛さんは冒頭の番組ではとくにおっしゃっていませんが、身長179cmの彼女より背の高い、身長188cmの旦那さんを持たれたことがあります。おそらく高身長というコンプレックスを忘れさせてくれる、あるいはそれすら愛してくれる方だったのだろうと想像します。

 ネガティブコンプレックスの解消は、とても重要です。なぜならネガティブコンプレックスによって、人と違う道を選ぶと、世界を憎しみの目で見てしまうからです。

 少なくとも私はずっとそうでした。私は、境界を超えろ!という作品で誰からも愛されるリーダー、アイン・スタンスラインを描きましたが、本音はその物語を終わらせたケルト・シェイネンに近いです。誰かの成功を妬んで、自分が認められないことを憎んで……、誰からも愛されないことを寂しがっていました。

 だからこそ、小説が書けたので、感謝はしています。

 けれども、ネガティブコンプレックスを解消してみると、これまで抱えていた憎悪から解放されて、幸福度が段違いに上がるんですね。(実は先程紹介した私の体毛が濃い話、この半年で脱毛サロンに通って解消しました)

 幸福だと、登場人物が殺し合ったり罵り合ったりする作品じゃなくて、ワイワイ楽しい物語を書いてみようかなと感じられます。Twitterで集計した2022年アニメランキングなんかを見てみると、今の世の中で受ける物語って、そういう優しい物語ですよね(チェンソーマンは除きます 笑)。

 ネガティブコンプレックス起因でもいいので、早く人と違う道を選んで、ネガティブコンプレックスを解消して心を広く持てたら最強じゃんと思う次第です。
※これからの時代は優しい作品だよね、という話は以下のエントリーでも書いていますので、よかったらご覧ください。

まとめ

 ネガティブにせよポジティブにせよ他人との違いを自覚して、一般的じゃない道を早くに選び、自分の考え方を先鋭化していく。
 そしてネガティブコンプレックスを解消して、ワイワイ楽しい物語をかける余裕を得る。
 そうするとこれからの時代でウケる優しい物語が書けるんじゃないか? というお話でした。
 私は、ネガティブコンプレックスから人と違う道を選べるのは幸運だと信じます。もしネガティブコンプレックスに悩んでいる方は、これをチャンスと捉えて、人と違う自分の考え方を先鋭化してみてくださいね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
このホームページは創作者支援サイトです。
創作者の方向けの記事を発信しています。



下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ腰ボロSEのライトノベル奮闘記 - にほんブログ村
ライトノベルランキング
文章を書いて食べていく
夢を叶えるための鉄板セットがこちら
プロからライティングを学び

クラウドワークスで仕事を探そう