創作ネタ | 羽生結弦選手の至高の物語 | 美しい物語シリーズ

2022年2月17日

 「美味しんぼ」で海原雄山が至高のメニューを目指すように、物語作家であれば誰もが至高の物語を書きたいと思うのではないでしょうか。では、至高の物語とは何でしょうか。ひとつのヒントとしてこのエントリーを書きます。

 私が考える至高の物語とは、「美しい生き様」です。

 かつて私はイチロー選手の人生を美しい物語と評しました。

 そして私はこの北京オリンピックで、新たな美しい物語を見つけました。それは羽生結弦選手の会見の中にありました。

2022年2月14日羽生結弦選手の会見とは

 2022年2月10日の北京オリンピックフリー終了後から4日後の14日18時30分ごろ、北京オリンピックフィギュアスケート男子の羽生結弦選手が現地で記者会見を行いました。この会見は、あくまで「メディア各社に個別対応する時間が取れないため、記者会見方式で実施する」というもので、「羽生選手から何らかの発表をする」という趣旨ではありませんでした。

 羽生結弦選手はこの会見の中で、「氷を作った人」への感謝を述べ、『言い訳くさくなっていろいろ言われるのも嫌だな』と怖さを顕にしながら『足を痛めていた』という言い訳をさらけ出しつつ、ベストを尽くせたことには胸を張りました。

 そして「でも僕はやっぱりオリンピック王者だし、2連覇した人間だし、それは誇りを持ってこれからも『フィギュアスケートで2連覇した人間』として胸を張って、後ろ指を指されないように、明日の自分が今日を見たときに胸を張っていられるように、これからも過ごしていきたいなと思っています」という力強い言葉で会見を締めくくりました。

 およそ30分の会見の中に、羽生結弦選手の人柄が滲み出ていました。試合の後、あつまれどうぶつの森をプレイしたことや、自分の原点は スーパーファミコンのゲーム「エストポリス伝記Ⅱ」(1995) と「平成 新 鬼ヶ島<前後編>」(1997) だと断言したことにも一部界隈で注目が集まりました。

 

最強の武器は、最初から手に入れていた

 この会見の中で私が最も感銘を受けたのは、今後のモチベーションについて聞かれたときの羽生選手の回答です。

「正直今まで『4回転アクセルを飛びたい』と目指していた理由は、僕の心の中に“9歳の自分”がいて、あいつが『飛べ』ってずっと言ってたんですよ。ずっと『お前下手くそだな』って言われながら練習していて。でも今回のアクセルは何かほめてもらえたんですよね。『一緒に跳んだ』というか
 (中略)
 ほとんど気づかないと思うんですけど、実は9歳のときと同じフォームなんですよ。ちょっと大きくなっただけで。だから一緒に飛んだんですよね。それが『自分らしいな』と思ったし、何より4回転アクセルをずっと探していたときに、最終的に技術的にたどり着いたのがあのときのアクセルだったんです。
 (中略)
 そういう意味では『羽生結弦のアクセルとしてはこれだったんだ』と納得できているんです」

 インタビューで羽生結弦選手が語った9歳の頃の思い出は、羽生結弦選手の原点でしょう。

 原点である9歳の自分がいつまでもそこにいて、努力を重ねて頂点を極めた未来の自分に、『お前下手くそだな』と言い続けた。この9歳の羽生結弦は、オリンピックを2連覇したあとで怪我に苦しみ、長いトンネルの中を歩んだ27歳の羽生選手のモチベーションを支え、4回転アクセルという誰もが到達し得なかった技を『飛べ』という。そして27歳の羽生選手ががむしゃらにチャレンジし、夢中で飛んだフォームが、9歳のときのフォームと同じだった、なんて。

 こんな美しいシナリオがあるでしょうか。

 最強の武器は、最初から手に入れていたのです。

 イチロー選手の人生と、羽生結弦選手の人生、両者が同じように美しいのは、おさまるべきところにおさまったという快の感情からです。この2名に共通して言えるならば、おさまるべきところにおさまることは、至高の物語の条件と考えてもよいのではないでしょうか。

至高の物語=美しい人生を歩む方法

 羽生選手は子供のころに「自分の表現したいこと」を見つけ、3度目の五輪で原点に還って自分の表現したいものを表現しました。原点である9歳の自分がいつまでもそこにいて、美しい人生を歩む道標になっていたのでしょう。だとしたら私達が美しい人生を歩むためには、自分が表現したいものを知る必要があります。
 例えば……私は10歳の頃から漫画を書き始めました。その後、絵はうまくなりませんでしたが、物語を作ることが楽しかったので小説を書くことを続けました。10歳のときの楽しさが、いまも物語づくりの原動力です。

 さあ、あなたの中にも9歳のときの自分はいますか?

 もしよければ自分の表現したいものを知る方法のエントリーも参考にしていただいて、あなたの表現したいものを考えてみてください。そして、あなただけの至高の物語をぜひ、人生というキャンパスに描いてくださいね。

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥4,081(2022/10/06 06:21:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ポニーキャニオン
¥8,808(2022/10/05 13:52:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ノーブランド品
¥18,870(2022/10/06 06:21:48時点 Amazon調べ-詳細)
Kindle 【今だけ2か月99円】Unlimitedがキャンペーン中です!このチャンスにお得に電子書籍を読んでみてはいかがでしょうか?

ここまで読んで頂きありがとうございました。
このホームページは創作者支援サイトです。
創作者の方向けの記事を発信しています。



下記ボタンを押して頂けたら
モチベーションが高まります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ腰ボロSEのライトノベル奮闘記 - にほんブログ村
ライトノベルランキング
文章を書いて食べていく
夢を叶えるための鉄板セットがこちら
プロからライティングを学び

クラウドワークスで仕事を探そう