文末に変化を付ける【文章を上手く書くコツ】

2019年7月7日

こんにちは。杞優橙佳です。

今日は私が物語を書くときに注意しているたった1つのポイントについてお話します。

私はそんなに賢くないので、物語を書く時、2つも3つもポイントを考えて書いていません。本当にたった1つ気をつけるだけで、後は自然と変化していきます。

それではたった1つのポイントについて見ていきましょう。

それは、『文末に変化を付ける』ということです。

どういうことか?わかりやすいようにだめな例を2つピックアップしてみます。

例1
私は昨晩ハンバーグを食べました。
とても美味しいと思いました。
その時は、できることなら明日も食べたいと思いました。
でも今日になってみてみれば、そうでもないと思いました。

例2
私はギターを弾いていました
そのときに小指を痛めました。
そのあと晩御飯の準備をする前、小指にテーピングをしました。
すると無事包丁を使って目玉焼きをつくれました。

それぞれ『ました』を4回続けてみました。

リズムが悪くて読みづらかったですよね?

なぜ文字に書かれた文章を読むのに、リズムが気になるのか?

それは『文字で書かれた文章を読む時』、無意識のうちに頭の中で文章を声を出さずに朗読しているからです。

ですので、文末が一定だったりして、リズムが悪い文章は読みにくいのですね。
※同様に、普段使わないような言い回しや漢字もりもりの文章も読みにくいのですが、それはまた別の機会で検討します。

では、これを文末に変化をつけて書き直してみると、どうなるでしょうか。

例1添削
私は昨晩ハンバーグを食べました。
『とても美味しい。できることなら明日も食べたい』と思ったくらいです。
でも今日になってみてみれば、そうでもなかったな。

例2添削
私はギターを弾いていました。
そのときに小指を痛めたのです。
なので晩御飯の準備をする前、小指にテーピングしています。
おかげで無事包丁を使って目玉焼きをつくれました。

『ました』を減らす という制約に沿って添削をした結果、随分文章に変化が生まれました。

例1では「」を使って思ったことをまとめてみたり、最後は「~な」と独り言のように終えてみたり。

例2では、過去のことを話している文章なのに、「~た」以外に「~しています」と進行形の助動詞を使いました。それでも文章としての違和感はあまりなかったのではないでしょうか。

読者の頭の中で(なので晩御飯の準備をする前、小指にテーピングしていました)と読み替えてもらっているのかもしれませんね。

今日は文末に変化を付けるという、文章を上手く書くコツをご紹介しました。このサイトでは文章を上手く書くコツを沢山紹介しています。他のページも是非見てみてくださいね。