アイン・スタンスラインの波瀾なる軌跡と彼が起こした奇跡について〜コロナウイルス禍だからこそ出来た特別な本〜

2020年10月14日

 この度、TEAPOTから「アイン・スタンスラインの波瀾なる軌跡と彼が起こした奇跡について」が書籍化されました。

 出版革命を目論むメガネでインテリヤクザな芳蓮蔵さんのご尽力をいただき、半端なくすげー本になってます。 超高品質な本に加え、ライトノベルとしてありえない構成、意味のわからないイラストレーター陣……あまりに特殊で、出版業界の特異点となる存在。

 コロナウイルス禍という特殊な状況だからこそ生まれた、世界に唯一の、特別で特殊な本です。ライトノベル史の片隅にその名を刻むかもしれない、「アイン・スタンスラインの波瀾なる軌跡と彼が起こした奇跡について」の魅力をご紹介します。

 

  

こだわり抜かれた高品質の本!プレミアム!

 312ページという極厚の本。手に馴染む存在感があります。こだわり抜かれた高品質の本……というTEAPOTの売り文句は伊達じゃない。

存在感がある背表紙。き 1 1もイイね!

  

 価格は1400円。1100円クラスのライトノベルと比較して、明らかに本のクオリティが高いです。最近、本の値段が上がっている気がするのに、こんな価格で大丈夫かと心配になるレベル。

表紙の手触り素敵です。ツヤツヤでまるで女の子の太もも。
ずっと触っていたくなります。

 本棚に一冊あると、その部分だけ華やいで見える存在感。出版革命をもくろむTEAPOTの出版第1号にふさわしいプレミアムな本です。

※Kirero先生の素敵な挿絵もあるからね!

  

  

本編及び外伝を収録!視野が広い!

 本の分厚さに負けない重厚な物語を収録。

 当初予定していたアイン・スタンスラインの物語に加え、アインの喜劇に終止符を打った男、我が世界の明智光秀ことケルト・シェイネン目線の外伝も収録。一冊の本を読むだけで、2つの視点から物語を楽しむことが出来ます。双方向から世界を見ることで、なんて奥深い物語なのだと考えていただける構成になっております。

目次から雰囲気あるでこれ

 こんなライトノベル、この世に存在しません!

  

  

イラストレーターさん総勢8名!ありえない!

 通常はTEAPOT協力イラストレーターさんのうち一名から、イラストレーターさんを選んで書いてもらいます。しかしながら私は、コロナの影響でイラストレーターさまがお仕事できない状況となり、挿絵(及び表紙)を特例的に自前で用意させていただきました。

 結果として

表紙:黒崎ヴァイス様
挿絵:c.c.R様
   村カルキ様
   kirero様
   ikuyoan様
   60枚様
   冬木様
   ketsuopolis様

という、そうそうたる8名のイラストレーターさまにご協力いただき、本を出すことが出来ました!普通の出版社じゃ無理だこれ!笑

  

 また、作家自身が書くイラストや挿絵を入れるのは自由だそうで、私は下記のサイズで地図をいれております。読者の皆様に少しでもわかりやすく、を配慮した本となっております。

・挿絵サイズ
 画像サイズ 7417×4961 px
 印刷サイズ 157×105 ㎜
 解像度1200dpi/グレースケール

  

※おおもとの地図はパワポで作成したのですが、文字見えますね、よかった。

  

  

プレオープンと同時に販売!ポイントで買ってね!

 TEAPOTは無料アカウントでも初回ポイントが付与されるとのことで、購入のハードルがだだ下がり。ライトノベル史の片隅にその名を刻むかもしれない本……このチャンスに手に入れない選択肢はありませんね!

  

 コロナウイルスという大厄災のなかでも諦めずに歩き続けた芳蓮蔵さんの始めた出版業界の革命。私自身はそれを強く応援しました。そのプロジェクトで発行する第一号の本が、これほど特殊な本だったのは、何かの運命かもしれません。

 みなさんもぜひ手にとってみて、こんなやり方があるんだ!とインスピレーション厳選にしてみてください。紙の本は素敵、一緒にTEAPOTで出版業界を変えましょー!

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

■TEAPOTの特徴と魅力はこちらから
「TEAPOT」の特徴と魅力紹介〜誰でも書籍化!小説家として稼げるサイト〜